SSL

« 売上票 | クレジットカード[使い方、選び方、比較] | エスクローサービス »

 インターネット上で、データを暗号化して送信するための技術。現在ではほとんどの代表的なブラウザソフトに標準搭載されている。
 クレジットカードを使ってインターネットショッピングを行うときには、ブラウザ画面を通してカード番号や利用期限、そして利用者の氏名・住所等の個人情報を店舗に対して送信するが、これらの情報が悪意を持つ第三者にネットワーク上で盗み見られた場合、それらの情報を用いてなりすましをされる恐れがあり、非常に危険である。
 SSLを用いることによって、これらの重要な情報を店舗側以外には読み取れないように暗号化し、たとえネットワーク上で何者かにデータを取得されたとしても、それを読み取れないようにすることができる。
 なお、SSLを使用した通信をおこなうとき、ブラウザのURLのプロトコル部分(一番先頭の部分。普段はhttp://となっている)が、https://に変化する。
 インターネットショッピングでカード決済を行う場合には、SSLを使った安全なサイトであるかどうかを確認してから取引をするのが良い。

このカテゴリー「カードを使うとき」では、以下のことも調べることができます。

« 売上票 | クレジットカード[審査基準 種類] トップへ | エスクローサービス »

 
Copyright (c) 2005 クレジットカード用語集 All rights reserved.

[PR]  クレジットカード ランキング  審査の甘いクレジットカード  即日発行 クレジットカード 審査の甘いクレジットカード   年会費無料 クレジットカード  ガソリン割引@クレジットカード  消費者金融・審査  消費者金融・比較  遅延損害金  クレジットカード 審査 甘い